更新日:2023/11/24

着床出血ってなに?着床出血と生理の違いを解説【助産師解説】

生理予定日あたりに出血があると「着床出血なのかな」と気になる方もいるでしょう。特に妊娠を希望している場合は、着床出血であって欲しいと思う方が多いようです。また、自分が体験するまで、着床出血を知らなかったという人もいるでしょう。

この記事では、着床出血と生理の違い、着床出血に関するQ&Aについて解説します。


着床出血とは


着床出血とは、その名の通り、
着床時に起こる出血のことです。受精卵が着床するときに、子宮内膜を傷つけてしまい、出血します。

着床出血を経験する人は少ないと言われており、4人に1人程度とも言われています。

着床出血と生理の違い

着床出血は、時期や出血量から生理と間違われることが多いです。自分で見分けることが難しいこともありますが、それぞれの特徴を以下に記載します。

着床出血 生理
出血の時期 生理予定日 生理予定日
出血の期間 1〜3日 3〜7日
出血の量 量、ペーパーにつく程度 多量、血の塊が出ることもある
出血の色 うすピンク、茶色、暗赤色 暗赤色〜茶色

着床出血は性行為後何日ぐらいでみられる?

排卵後に受精すると、受精卵は1-2週間程度かけてゆっくり移動し、子宮内に着床します。そのため、着床出血は性行為後1-2週間後にみられることが多いです。ただ、性行為をしたタイミングや排卵のタイミングによっては、時期がずれる可能性があります。

着床出血だけじゃない!妊娠初期の出血の原因は?

着床出血だと思ったら、他に出血の原因があったということがあります。妊娠初期はさまざまな原因で出血することがあるのです。ここからは、妊娠初期の出血の原因について解説します。

異所性妊娠(子宮外妊娠)

異所性妊娠とは、受精卵が子宮以外の場所に着床することです。一番多い場所は、卵管と言われています。異所性妊娠の場合、妊娠しているため、妊娠検査薬では陽性反応を示します。しかし、子宮以外の場所で着床しているため、妊娠継続は困難です。

異所性妊娠の場合、少量の出血がみられることがあります。少量の出血と強い腹痛がある場合、異所性妊娠を疑います。

異所性妊娠は気づかずに成長すると卵管が破裂するなど、大量出血により命の危険性がある病気です。

妊娠反応を確認したら、子宮内に妊娠しているか必ず確認が必要なのです。

絨毛膜下血腫

絨毛膜下血腫は、絨毛膜と呼ばれる部分に血の塊(血腫)ができてしまう病気です。血の塊ができる場所や大きさによって、出血量が異なります。色は暗赤色〜赤色のことが多いです。特に治療はなく、安静にして、血腫が自然に吸収されて小さくなるのを待つことが多いですが、妊娠中期まで出血が続く場合、その後の妊娠経過に影響する可能性があります。

切迫流産

切迫流産は妊娠22週未満の時期に、流産になりかけている場合を言います。切迫流産の場合、出血や腹痛がみられることがあります。出血量は少量の場合もあれば、多量に出る場合もあり、状況によりさまざまです。

切迫流産の場合も特に治療法はなく、安静にして様子をみることが最適です。

流産

妊娠22週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを流産と言います。特に妊娠12週未満に流産を起こしてしまう場合を初期流産と言います。妊娠初期の流産は赤ちゃんの染色体異常によるものが多いです。流産の場合も出血がみられますが、出血量は少量から多量の場合もあり、腹痛がみられることが多いでしょう。

着床出血以外に妊娠の兆候はある?

着床出血以外に妊娠の兆候がわかれば、生理と見分けがつきますよね。一般的に妊娠初期にみられる症状は以下のとおりです。

・体がほてる、ポカポカする

・胃がムカムカする

・常に眠たい

・お腹が張る、腹痛がある

・胸が張る

・理由もなくイライラする

・においに敏感になる

・おりものの量が増える、水っぽくなる

・便秘になる、もしくは下痢になる


しかし、妊娠初期症状と月経前症状は似ているため、症状だけでは妊娠か生理か判断ができないこともあります。また、すべての人に症状がみられるわけではなく、全く症状がない人もいて、個人差が大きいです。

着床出血に関するQ&A

ここからは、着床出血に関連するよくある質問についてご紹介します。

着床出血で生理並みに出血することはある?

着床出血は先述のとおり、出血量はそれほど多くありません。そのため、生理並みに出血することはほとんどないでしょう。

ただ、個人差がありますので、着床出血でも出血量が多い場合があります。判断が難しい場合は、妊娠検査薬を試してみましょう。

着床出血があったら妊娠検査薬を試したらいい?

出血がみられた場合、妊娠しているのか、はやく確認したいと思う方もいるでしょう。

しかし、すぐに妊娠検査薬を試すと時期によっては妊娠していても、検査薬の結果が陰性を示すことがあります。

着床出血があるのが生理予定日ごろ、妊娠していた場合、妊娠4週ごろの時期です。

妊娠検査薬で陽性反応が出るのはその1週間後の妊娠5週ごろからとされています。

そのため、すぐに妊娠検査薬を試さず、着床出血が見られたら、しばらく様子をみましょう。

その後生理か見分けがつかない場合は1週間後を目安に試してみてくださいね。

着床出血があったらどうしたらいい?

着床出血があった場合、安静にしたほうがいいのかなと思うかもしれません。着床出血があっても、特に安静にする必要はありませんし、生活の制限もありません。普段どおりに過ごしましょう。

着床出血がある場合いつごろ病院を受診したらいい?

着床出血がある場合、いつごろ病院を受診したらいいのかなと気になるかもしれません。

着床出血がある時期が妊娠4週ごろのため、約1週間後に検査薬を試して、陽性の場合、それからさらに1週間前後を目安に病院を受診しましょう。

 まとめ

着床出血は経験する人が少ないと言われており、また出血の時期が生理の時期とほぼ同じ時期のため、出血があっても生理かどうか自分で判断することは難しいでしょう。

着床出血は生理と比べて出血量が少ない特徴があるため、まずは出血量を目安にしてください。着床出血かどうか、判断が難しい場合は、出血から1週間後を目安に妊娠検査薬を試して確認してくださいね。



\ 送料無料 /
mitas series オンラインショップ

mitasシリーズでは、
必要な栄養素とお悩みをサポートする
3つのラインナップをご用意しました。

▾ 公式インスタグラムをフォローしよう

mitas series 公式インスタグラム