更新日:2024/2/26

妊活中の葉酸の必要量はどれぐらい?妊活中の葉酸の疑問について解説

妊活すると「葉酸をとりましょう」と聞いたことがある方や、医師から説明された方もいるでしょう。

この記事では、妊活中に葉酸が必要な理由と葉酸量、葉酸サプリメントの選び方について解説します。

現在妊活中の方や、今後妊活を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事に登場する専門家

助産師 はるはる

大学卒業後助産師として、地域周産期の総合病院に勤務。
日々妊娠、出産、育児、母乳ケアとさまざまな業務に携わっている。

〈資格〉
・助産師、保健師、看護師
・アドバンス助産師
・新生児蘇生法Aコース修了

妊活時期から葉酸摂取が必要?

葉酸は妊活中から摂取が必要なのか、疑問に思う方もいるでしょう。

葉酸は、妊娠の1ヶ月前から摂取が推奨されています。

そのため、妊活を始めるタイミングで、葉酸を摂取することをおすすめします。

妊娠していなくても葉酸は必要!

葉酸は妊活中の方や妊娠中の方に必要な栄養素なのかな、と思う方もいるかもしれません。

葉酸は、妊娠の有無に関わらず、全ての方が必要な栄養素です。

厚生労働省によると、女性の葉酸摂取量目安は1日240μgで、令和元年国民健康・栄養調査における日本人の葉酸の摂取量は一日に平均して288.7㎍でした。

妊活中や妊娠中の女性は、1日あたり+240μg(1日あたり440μg)の摂取が推奨されていて、女性の必要量の倍近く葉酸の摂取が必要になります。

通常食事に気をつけていて、必要な栄養の摂取ができている場合は、食事から必要な葉酸を摂取できますが、妊活中は葉酸の摂取推奨量が増えることから、食事だけでは葉酸の摂取が不足してしまうのです。

葉酸を多く含む食材

葉酸はどのような食材に多く含まれているのか、あまり聞き慣れない栄養素なので、わからない方もいるでしょう。

葉酸は肉類や野菜類、豆類、海藻などに多く含まれています。

妊活中1日に推奨されている葉酸量は440μgなので、さまざまな食材を組み合わせても、食事だけで葉酸を摂取することは難しいのではないでしょうか。

そのため、葉酸サプリメントで摂取することをおすすめします。

葉酸の多い食べ物とは?働きや摂取量、注意点も 【助産師監修】

葉酸はママの健康や赤ちゃんの成長に大きく係わる重要な栄養素のひとつです。そのため、妊活開始とともに葉酸の積極的な摂取を始めましょう。今回は、葉酸の多い食べ物や摂り方について紹介します。

関連記事

葉 酸と一緒にとるべき栄養素

葉酸は他の栄養素とともにとることで、より効率よく栄養をとれるようになります。

ここからは、葉酸と一緒にとるべき栄養素について解説します。

ビタミンC

まずはビタミンCです。ビタミンCは、イチゴやレモンなど、果物に多く含まれます。

また、緑黄色野菜にも多く含まれます。

ビタミンCと一緒に葉酸をとると効果が高いので、料理に取り入れたり、味付けを工夫したりなど、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ビタミンB6

ビタミンB6は、赤身の肉や魚、玄米やバナナに多く含まれる栄養素です。

ビタミンB6には、たんぱく質の分解を助ける働きや、赤血球などの血を作る働き、神経の発達を支える役割があります。

特に女性はホルモンのバランスを整える役割があるため、積極的にとりたい栄養素です。

普通の食事でビタミンB6をとりすぎることはないため、食事のバランスがとれている場合は、心配しすぎなくてもいいでしょう。

ビ タミンB12

ビタミンB12は、あさりやしじみなどの貝類やレバーなどに多く含まれる栄養素です。

ビタミンB12は葉酸とともに血液を作る働きがあるため、不足すると貧血になると言われています。

他にも、脳の発達を助けたり、神経を守り、正常な働きをサポートする役割があります。

特に女性は毎月の月経で貧血になりやすいため、ビタミンB12を合わせて積極的にとりましょう。

葉酸以外に必要な栄養素「ビタミンB12」| 助産師監修

妊娠中に大切なビタミンB12の効果や摂取方法を解説。DNAや血液、神経系に影響し、乳幼児の発育にも関わる重要な栄養素です。

関連記事

葉酸サプリメントはなぜ大切?

葉酸は身近な食材に含まれていますが、食事だけで毎日必要量を摂取することは難しいでしょう。

また、葉酸は熱に弱いため、調理過程で溶け出してしまう欠点があり、必要な量を効率よく摂取できません。

そのため、葉酸サプリメントでの摂取が推奨されています。

医師監修|葉酸とは?葉酸が必要な理由と葉酸の種類を解説!

医師監修のもと、葉酸の必要性と種類を徹底的に解説しています!また、葉酸が多く含まれている食べ物や、おすすめのサプリまで紹介しています!妊活・妊娠・産後に欠かせない栄養素、葉酸の理解と適切な摂取方法を学びましょう。

関連記事

葉 酸摂取に関する疑問解決!

ここからは、葉酸に関するよくある疑問について解説します。

葉酸をとりすぎるとどうなる?

葉酸サプリメントが妊活中にいいのであれば、葉酸をしっかりと取ればいいのでは?と思う方もいるかもしれません。

葉酸は水溶性なので、とりすぎると体の外へ排出されるため、現在のところ、葉酸サプリメントの過剰摂取による健康被害の報告はありません。

そのため、とりすぎても体へ大きな影響はないでしょう。

しかし、何事もほどほどがいいので、推奨量は守るようにしてくださいね。

葉酸が不足しているとどうなる?

妊活中から葉酸の摂取が推奨されている理由は、葉酸が足りない場合、赤ちゃんの奇形のリスクが高まるからです。

葉酸が不足していると赤ちゃんの奇形のリスクがある

赤ちゃんの体は、妊娠初期に神経管などの体や神経の大事な部分が形づくられます。

この妊娠初期の時期に葉酸が不足していると、赤ちゃんの神経管の形成異常が起こる可能性が報告されています。

赤ちゃんの奇形とは、背骨が別れてしまう二分脊椎や、無脳症、唇や口の中の形成異常である口唇口蓋裂などです。

妊娠初期は、赤ちゃんの神経などの形成にとって大切な時期ですが、月経が遅れて妊娠に気がつく時期でもあります。

そのため、妊娠に気がついたタイミングで葉酸を摂取しても、必要量が摂取できていないと、奇形のリスクがあります。

妊活中から葉酸の摂取が必要

赤ちゃんの奇形のリスクを減らせるのであれば、葉酸の摂取は必要だなと感じた方もいるでしょう。

ただ、妊娠のタイミングはいつになるのかわかりません。

そのため、妊娠を考えている女性は、日頃から葉酸の摂取が推奨されているのです。

他にも葉酸が不足すると、貧血などの症状がみられることがあるため、妊娠の希望の有無に関わらず、できるだけ葉酸は必要量摂取しましょう。

何を基準に葉酸サプリメントを選ぶ?

葉酸サプリメントの必要性や必要な量はわかったけれど、何を基準に葉酸サプリメントを選んだらいいの?と悩む方もいるでしょう。

葉酸サプリメントを選ぶ基準について解説します。

必要量が摂取できるか

まず大切なポイントは、葉酸の必要量が摂取できているかどうかです。

妊活中の女性は、通常より多く葉酸を摂取する必要量があります。(非妊娠時+240μg)

そのため、1日分の必要量をサプリメントの摂取で補えるかどうか、必ず確認しましょう。

妊活時期に必要な他の栄養素も入っているか

次に大切なポイントは、葉酸以外の栄養素がどの程度含まれているかです。

基本的には、食事から栄養をとり、不足分をサプリメントからとることがいいですが、妊活中は葉酸以外にも必要な栄養素は多くあります。

食事に気をつけていても、毎食必要な栄養を取り入れながら、料理を作ることは難しいのではないでしょうか。

そのため、葉酸以外にも必要な成分が含まれているサプリメントを選ぶと、妊活中に必要な栄養素が効率よく取れるため、おすすめです。

葉酸の成分は天然か合成か?

他にも葉酸の成分も確認しましょう。

葉酸には天然葉酸と合成葉酸があります。

天然成分の方が体にいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、厚生労働省では、葉酸は合成(モノグルタミン酸型葉酸)を推奨しています。

合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)は、天然のものより体への吸収率が高くなじみやすいため、できれば合成(モノグルタミン酸型葉酸)のものを選ぶことをおすすめします。

【医師監修】葉酸サプリは飲んだほうがいいのか?効果やおすすめの選び方について。

葉酸サプリの効果や選び方を徹底解説!妊活・妊娠前から必要な理由や、男性への効果も紹介。栄養素と組み合わせることで効果がアップするポイントも解説します。

関連記事

妊活期のサプリメントならmitasがおすすめ

葉酸は、妊娠初期には十分な量を摂取している必要があります。

また、妊活中は葉酸以外にも多くの栄養素をとる必要があります。妊娠中に適した葉酸サプリメントは多くありますが、妊活中の葉酸サプリメントはあまりないため、何を基準に選べばいいのか悩み方もいるでしょう。

mitas(ミタス)はモノグルタミン酸型葉酸で吸収率が高く、推奨量がしっかり配合されています。

妊活中で葉酸サプリメントの摂取を検討している方は、ぜひmitasを始めてみてはいかがでしょうか。

\ 送料無料 /
mitas series オンラインショップ

mitasシリーズでは、
必要な栄養素とお悩みをサポートする
3つのラインナップをご用意しました。

▾ 公式インスタグラムをフォローしよう

mitas series 公式インスタグラム